« ナサケの女~国税局査察官~ 第1話 vs10億脱税の主婦 | トップページ | 仮面ライダーオーズ/OOO 第8話 サボりと無欲と休憩中 »

2010年10月23日 (土)

Q10(キュート) 第2話 恋

『ここは生きてゆける場所ですか?人魚姫とオタクの恋

内容
Q10“キュート”(前田敦子)を預かる教師の小川訪(田中裕二)と
母・しげ(白石加代子)は、家の外に妙な少年を見つける。
小川のクラスの生徒・中尾順(細田よしひこ)だった!
出勤後、小川は中尾がキュートに付きまとっていることを平太(佐藤健)に伝え、
“諦めさせろ”と命じるのだった。
様子を見ていた平太は気づく。。。中尾が恋をしている。。。と。

一方で、赤い髪だった山本民子(蓮佛美沙子)が、、なぜか、黒髪に!?
その突然の変貌に、クラスメート達を驚かせる。
民子がギターのピックを落としたのを見つけたキュートは、“ウロコ”と考え、
直前まで読んでいた“人魚姫”と重ねるのだった。

その後“人魚姫”が人間にハマったと柳(薬師丸ひろ子)に聞かされ、
何かにハマルと普通の生活が送れなくなることがあると知るキュート。
そして民子を追いかけはじめたキュートは、
民子が人気バンドのボーカル・チャカにハマッていると分かる。
が、、、そんなとき、チャカのファンに取り囲まれる民子。
そのとき、、民子はチャカの真実に気づく。
そんな民子をキュートは救い出し、尋ねるのだった。
“ココは生きていける場所ですか?”

同じ頃、中尾が好きな漫画のルナちゃんとキュートを重ねていると知った平太は、
今後、付きまとわない条件に、キュートととデートしては。。。と提案。
その一方で、髪型を変えていた平太は、
クラスメートの河合恵美子(高畑充希)から
アイドルグループ“オハコ”の“ハジメ”と似ていると言われ、渋々プリクラ。
が。。。その現場を友人の影山聡(賀来賢人)に見つかり。。。。。

そんななか、キュートに、中尾とデートしてくれるよう依頼する平太。

敬称略


コスプレ前田敦子さんと妙な格好の細田よしひこさん。。。
この部分に、目を奪われてしまい、、、、一瞬、頭が真っ白に。。。。


ま。。。それはさておき。

物語は、

キュートに恋したクラスメートの中尾
諦めさせるために、デート作戦を考えつく平太だったが。。。。

一方で、人気ボーカルに恋していた民子は、
キュートに尋ねられ、心にあった何かが見える。。。


ってことで、
今回も、いくつかの物語を並列的に
同じテーマで展開していましたね。

今回は、、、、“恋”

人のことを見て、、キッチリ主人公・平太にフィードバック

“あいつを偉いと思ったからだよ
 堂々と、人間じゃないモノがスキって言えるあいつがさ
 俺はあいつより臆病だ
 俺だったら、そんなコトひとに言えないし
 そんなモノがスキだって自分で認めんのも怖いと思う

病で、自分自身を見失ってしまっていたからこそ、
良い流れと、、、そして、成長を見た感じですね。

“そっか、俺、恋してんのか”

もちろん、
先輩格の。。。柳。。。からは

柳“恋は革命
平太“恋に落ちて常識がひっくり返ったら、どうなってしまうんですか
柳“違う自分がいる、それが恋だよ

そして、、父からも、、、
先生からも
“人間、ナニを好きになってもいい”

最終的に親友の久保に持っていくなど、
絶妙なお話に仕上がっていますね。

まさに、、、恋。。。いや、、
人間の大切な心という方が良いだろうね。


少し、、人魚姫、、、は作りすぎだが、、悪くはないエピソード。
ってか、、ここは、平太、知らないんだよね。厳密には!
前回も同じだが、微妙に物語が離れているのは気になるが、
ま、テーマ、、同じだし。。良いかな。
それ言い出せば、人の恋のキューピッド役なんて、
別にキュートでなくても良いワケだし。。。。に繋がるしね(苦笑)


今回も、よく作られているのが分かり、面白かったと思います。


ちなみに、、あくまでも好みなのだが、
個人的に良い雰囲気だと思っているのは、平太、、、佐藤健さんのモノローグ
独白。。、、心の声ってヤツですね。

佐藤健さんの声の響きが良いですね。。。。
この声あって、この物語があるという感じである。


ナントカ、ラストまで走って行けそうなドラマになりつつあるようである。



あ。。。そういえば、キュートって格闘プログラムって無いのかな?
前田敦子さんを見ていると、、戦いそうですよね!


これまでの感想
第1話 

« ナサケの女~国税局査察官~ 第1話 vs10億脱税の主婦 | トップページ | 仮面ライダーオーズ/OOO 第8話 サボりと無欲と休憩中 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30