« 龍馬伝 第43回 船中八策 | トップページ | フリーター、家を買う。 第2話 どうせオレは恥ずかしい息子だよ »

2010年10月25日 (月)

流れ星 第2話 契約

『命がけの想い』

内容
電車に飛び込み命を絶とうとした梨沙(上戸彩)を
間一髪で救った健吾(竹野内豊)。
健吾“俺と結婚して欲しい。妹を助けたいんだ。肝臓を分けて欲しい”
サッパリワケがわからない梨沙であったが、
借金300万を払ってくれるなら。。。。。と承諾する。
梨沙“じゃあ。いいよ。肝臓分けてあげる”

その後、母・和子(原田美枝子)の待つ家へ、梨沙と帰宅する健吾。
結婚間近だった美奈子(板谷由夏)と別れたことを告げ、
借金の肩代わりをすることで、結婚し、ドナーになってもらうと健吾は説明する。
まさかの言葉に、驚くしかない和子。

一方で、婚姻届と引き替えに300万。
医者に検査をしてもらいドナーとして妹・マリア(北乃きい)と適合すれば移植。
もし成功すれば成功報酬として、100万。
。。。。と、梨沙と健吾は“契約”をするのだった。


翌日、出勤した梨沙。。。店長の白井(光石研)から指名が入ったと知らされる。
部屋へと向かうと。。。。そこには兄・修一(稲垣吾郎)がいた。
梨沙が、手を出されたと大騒ぎしたため、修一はボコボコになってしまう。

同じ頃、健吾は、入院するマリアを訪ねていた。
沢村涼太(桐山照史)という友だちが出来たと知り、からかう健吾。
帰宅すると。。。梨沙は帰っていなかった。
気が変わったのでは?と心配する和子。
大丈夫だと答える健吾だったが、梨沙の携帯にはつながらなかった。

そんななか水族館の同僚の川本順二(杉本哲太)千鶴(ちすん)夫妻に
自宅に招かれた健吾。。。。そこには美奈子の姿もあった。
健吾“俺達、別れたんです”
順二は、、、“クリオネ”。。。梨沙のせいと気づくのだった

翌日も帰ってこなかった梨沙を心配して健吾は、探し始めるが。。。。。
そのころ、マリアが、涼太、親友の安田瑞希(川口杏奈)と病院を抜け出し。。。


敬称略


今回は、、、

メインの物語は、梨沙と健吾の“契約”ですね。

ただ、それは序盤で。。。。

あとは、
大雑把に言えば、前回表現できなかったことを今回表現した!
登場人物紹介第2弾!詳細版!(まさに大雑把)

である。

そう。。。マリアの病気も分かり難かったし
健吾の職場の人間関係も曖昧だった。

一方の梨沙も、そのキャラがどういうキャラかが曖昧だったしね!

前回が“プロローグ”だとすれば、
ようやく、詳細なドラマが始まったという印象である。


実際のところ、“契約”についても
それに関わること、、繋がりのある部分は、、、終盤ですからね。。。。

それだけ、
マリアの危険な状態を丁寧に表現し、梨沙のキャラを表現したと言うことだ。


ま。。。物語が、進んでいるようで進んでいないので
そういう部分の
モヤモヤしたところはあるのだが、


“契約”が、、、ホントの“愛”に変わるなら、
梨沙のキャラは、大事ですし
健吾とのギャップを表現することも重要。

現在の“距離”が、、、良いですね。


“丁寧さ”は見ることが出来たので、次回からも期待できるかもね。


それにしても、、、梨沙の兄。。。

兄妹。。。。そこも重ねていると言う事ですね。なるほど。



あ。。。どうでもいいことだけど。
上戸彩さん、竹野内豊さん。。。ちょうど良い年齢差とギャップですね

違和感を感じにくければ、ベタになってしまうところ。
そこに違和感を感じた瞬間、“思惑”が見え隠れしますからね。


って書いていて。。。ふと気づいたが。
私、、、ハマリかけていますね。

前回疑問視した、兄の存在も受け入れていますしね。。。


これまでの感想
第1話 

« 龍馬伝 第43回 船中八策 | トップページ | フリーター、家を買う。 第2話 どうせオレは恥ずかしい息子だよ »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30