« 医龍TeamMedicalDragon3 第1話 復活 | トップページ | 龍馬伝 第42回 いろは丸事件 »

2010年10月15日 (金)

SPEC~警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿~ 第2話 天の双眸

『乙の回 天の双眸』

内容
容疑者の脇(上川隆也)を追い詰めた瀬文(加瀬亮)と当麻(戸田恵梨香)
が、、脇に奪われた銃で撃たれようとした時
次の瞬間、気がつけば、撃たれていたのは脇本人だった。。。
聴聞委員会に呼び出された瀬文は、説明をするが受け入れられず。
逆に、射殺したと問い詰められてしまう。

聴聞委員会をサボっていた当麻は、その瀬文の説明を盗・聴し、知っていた。
上層部に理解できるわけがないから、誤魔化せばいいと当麻は言うが、
根が真面目すぎる瀬文には、どうして良いか分からない。

同じ頃、瀬文が撃ち植物状態となったとされている志村(伊藤毅)
その妹・美鈴(福田沙紀)に異変が起きていた。
兄に触れた瞬間、妙なヴィジョンが見えたと兄の担当医・海野亮太(安田顕)に
相談していたのだった。。。。

そんなとき、ミショウに大島優一(佐野史郎)という神父が現れる。
担当している桂小次郎(山内圭哉)という死刑囚が、妙なことを言い出したという。
“警察に挑戦する”“自分に神の力宿った”と。
話を聞き、うさん臭いモノを感じる瀬文であったが、当麻は興味津々

10年前、新進気鋭の華道家・鬼門拓也(滝藤賢一)が、突如失踪した事件。
“青山華道家死体なき殺人事件”
鬼門が妻・真理子(森脇英理子)に電話を入れている途中、銃声!
アトリエが荒らされていたこともあり殺人事件と思われたが、
死体は見つからなかった。
その事件を、桂は神の力“千里眼”で、解決するという警察への挑戦状。
24時間以内に事件を解決しなければ、犯人を裁くと言うコトだった。

当麻と瀬文は、妻の真理子から事情を聞くと。
現場は当時のままだと言う。。。調べると、銃で撃たれたにしては血痕が少ない。
自傷癖があるのは分かってはいるが。。。
当時、容疑者として、2人の男が上がっていた。
片腕の板野貞雄(斎藤工)と弟子の松井和生(岡田義徳)
板野は、イベントの打ち合わせで京都にいたとアリバイを主張し、
松井は、家族と映画を観ていたとアリバイを主張していた。
それぞれに強固なアリバイ。
ただ板野には、鬼門と経営方針でもめていて動機があった。

野々村係長(竜雷太)は、松井、板野どちらかで決めようとするが
アリバイが崩せない。
すると、突然、当麻は、野々村と瀬文に告げるのだった。

“犯人分かってるじゃないですか。バカでも分かりますよ
 てか、問題は、トリックなんですよね。。。”


敬称略


そうなんですよね。バカでも分かるんです。

ほんと、、トリックが。。。。。

↑私の意見です。



今回は、千里眼を持つという死刑囚が、警察に挑戦状!

感想は、ダラダラと。。。

小ネタはともかくとして、
今回は、前回よりも“見やすく”なりましたね。

なんていうか、小ネタを少なくして、
事件モノのドラマとして、そこにある面白さを壊さないようにした。

と言う感じですね。
これで、ふた桁キープできるかな。。。

おかげで、謎解きも楽しむことが出来ました。

もちろん、、、“天罰”も含めたシュールなオチも。

出来れば、事件に、、前回のようなもう少し捻りが欲しかったところだが、
求めすぎれば、面白くなくなる可能性もあるので、
この程度でちょうど良いだろう。

“奇妙さ”を優先させればね!


ただし、それよりも少し気になってしまったのは、
前回、、力を入れすぎて、作り込みすぎたこともあるのだろうが
当麻。。。戸田恵梨香さんが。。。“普通”になっちゃったことかな。
その分、瀬文の苦しみは強調されているのだが。。。

ま、楽しかったので、良いかな。
佐野史郎さんの使い方は、勿体ないけどね。


最後に、ホントどうでも良いこと。
斎藤工さん、、、ここ1年くらい、ほぼ連続でドラマ出演しているような。。。

これまでの感想
甲の回 

« 医龍TeamMedicalDragon3 第1話 復活 | トップページ | 龍馬伝 第42回 いろは丸事件 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30