« 龍馬伝 第37回 龍馬の妻 | トップページ | うぬぼれ刑事 第11話(最終回)赤い彗星 »

2010年9月14日 (火)

ジョーカー~許されざる捜査官~ 第10話(最終回) JOKER

『神隠し…解き明かされる謎黒幕は?衝撃の結末

内容
“仕事”を終え、三上(大杉漣)に送り届けた直後、
久遠(錦戸亮)が、何者かに刺された。
という知らせをあすか(杏)から受ける伊達(堺雅人)は、病院へと向かう。
あすかは、“JOKER”を名乗る人物に呼び出しを受けていたらしく
その人物からあすかを守ってくれたようだと伊達に伝えるのだった。
とりあえず、一命は取り留めたようで、
冴子(りょう)夏樹(丸山智己)事件の真犯人に繋がる可能性があった。

夏樹が残したCDRに何かがあると考えたあすか。
それを見ていると、、、背後に井筒(鹿賀丈史)の姿が!
警察OBのリストに数字が書かれてあるようだが。。。。
井筒は、危険性があるため預かっておくと言うが、
タイミングを見て、あすかは、ケースだけを手渡すのだった。

すぐに久遠の部屋へと向かうが、明らかに何かを掴んでいた証拠。
ただし、、DNAの鑑定書類は、封筒にはなく、シュレッダー。。。。。
その後、鑑識の滝川美菜(鈴木凛)に依頼し、DNAの鑑定書を手に入れる伊達。
そこには冴子、夏樹殺害の真犯人、、。。。ある警察OBの名前があった。
三上国治。。。。。
伊達は、三上のバーへと向かい問い詰めると、
“その証拠だけでは、裁くことは出来ない”と、三上は伊達に銃を向け。。。。。

“最後の仕事が残っている”
と言い残し、三上はその場を立ち去っていく。
麻酔銃から意識を取り戻した伊達は、井筒へ連絡を入れ、ようやく伊達は助かる。
伊達が事情を話したことで、殺人容疑者として三上が追われることになるが、
その一方で、井筒は、あすかに安全な場所。。として
坂崎刑事部長(小木茂光)の命令で
危険性がないと思われる青葉東署へと移動を命じるのだった。

その直後、あすかが三上に連れ去られたと判明する。
警察上層部と三上の命令で、坂崎部長が嘘の情報を流していた。。。。

一方、伊達は、ある真実にたどり着いていた。
“JOKER”
立件できない容疑者を裁き、行方不明者として処理する“神隠し”計画そのもの。


敬称略

今回は、セリフの羅列で。。。


『多くの無念を吸い取るため、これ以上余計な血を流させないために
 JOKERを守らなきゃならなかったんだ。
 コレが悪と思われてもいい
 だが動機が無くとも人を殺せる、今の世の中には
 必要な悪なんだよ。



ついに、たどり着いた、、JOKER
その真実。

ま。。。そんなところだ。

良くできているのは、
伊達が、井筒にしっかりと告白したことだろう。

『俺達のやっていることは罪だと思っています
 ですが、間違っているとは思いません。



そして、後始末へ。。。

三上『俺を裁けるのは伊達だけだ。
 あの場所で、自分にケリを付ける
 じゃあな、小僧。伊達を頼むぞ』

そして、

伊達『正解がないから、もがいているんだよ
  三上さんはJOKERを守ることで、
  より多くの人を救いたかっただけなんだよ。
  だから裁かれたいんだよ。
  死よりも重い罰を受けるために
  あの人は、俺だ。』


。。。。。。。。。。。。。。

伊達『法で裁けるモノは法で裁く
 それが俺達のルールですよ。
三上『俺の独断でやった
 だから、やめるなよ
 法から逃れた悪を闇に葬れるのは、お前しかいない。



ということで、ある意味、大団円ですね。

結局、暴走が招いてしまった悲劇だったわけだが、
こういうことでも、okだろう。
三上にも、それだけの『過去』があり、『重み』があったということだ。

それにしても
最後の最後まで、鹿賀丈史さんと堺雅人さんの怪しさは全開でしたね。

そういうキャラを使って、
最終回としては、キレイにまとめきった。
というところかな。

涙を流しながら、“仕事”をする伊達。。。
これだけで十分だろう。


ドラマ全体を見れば、
刑事モノとしては、かなり穴だらけの作品ではあるのだが、
それを、犯人の悪意を表現し、
“必要悪”を強調することで、なんとか、クリアした。。。と言う感じだ。

そのため、一方でモヤモヤしながら、もう一方でスッキリという
ワケのわからない状態。

ただまぁ、“慣れ”というのは恐ろしいモノで、
いつの間にか、

モヤモヤ<<スッキリ

と言う印象になっているのが恐ろしいところだ。

そういう意味では、ドラマとして、おしい部分はたくさんあります。
でも、そういう刑事モノと思わなければ、
一風変わった、、、ドラマとして、
最後まで描ききったのは、ほめても良いことだろう。

個人的には、
このあたりの“ツメ”を精査した上で、続編を作って欲しいですね。

謎の殺人事件が中心から無くなるだけで
もっとスッキリした作品に生まれ変わるかもしれません。

といっても、それでも大きなネタだけは、混ぜて欲しいけどね。


これまでの感想

第9話 第8話 第7話 第6話 
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話 

« 龍馬伝 第37回 龍馬の妻 | トップページ | うぬぼれ刑事 第11話(最終回)赤い彗星 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30