« NHKドラマ10『10年先も君に恋して』 第1回 未来からの恋人 | トップページ | うぬぼれ刑事 第9話 強火 »

2010年9月 1日 (水)

ホタルノヒカリ2 第九夜 突然のチュー

『チューは突然やってくる!』
“婚約指輪紛失!干物どん底キス

内容
ぶちょお(藤木直人)は、“距離を置きたい”とホタル(綾瀬はるか)に告げ、
家を出て行ってしまう。
“嫌いになったわけじゃ無い”というぶちょおだったが、落ち込むホタル。
その直後、ぶちょおから電話があり、“ごめんなホタル”と。。。
残されたのは107万もする婚約指輪だった。

翌朝、出社をしてぶちょおと顔をあわせたホタルは、逃げ出す。
なんと、、、、婚約指輪をなくしてしまっていた!!!
“ぶちょおがいつか戻ってくるまでには、見つけておきますから!
 責任を持って、必ず見つけます!”
“当然だろ、このアホが!”

そんななか、美香(臼田あさ美)が、
小夏(木村多江)の店の試食会を企画していると知るホタル。
悩む井崎(高橋努)だったが、ホタルがサポートをすると言うことで了承。
そんな頑張ろうとするホタルを見て、山田姐さん(板谷由夏)は、
ホタルに美香の仕事に手を出さないようにと注意する。
“後輩の仕事を見守るのも、仕事の1つよ”と。

そこでホタルは、仕事に苦戦する美香をリフレッシュさせてあげようと、
梅田(井出卓也)たちとの川釣りに誘うのだった。

同じ頃、瀬乃(向井理)への契約更新の説得をする高野だったが、
辞めてNYに行く意志は硬いよう。
ただ、ホタルのことを引きずらないために嫌いになりたいという瀬乃に、
高野は、、、気持ちを止める権利はないと瀬乃に言い放つのだった。

そして週末。どうしても指輪が見つからないホタルだったが、
小夏の手紙を手渡し、
美香、瀬乃、梅田、杉下真菜(中別府葵)のいる集合場所へ向かい川釣りへ出発!


敬称略




“俺は一生、君の縁側になるよ”


最後は、出したものは。。。。

ま、、、悪くはない。オチである。

実際、指についているのか?ネックレスか?と
シーンが変わる度にいろいろな場所を見ていた私ですが、

そこだけは、見ること出来ませんからね。。。



あ。。。そういえば、今回って、
結局、指輪でドタバタしていただけで、物語の進展自体はほぼありませんが、

一応、ホタルから、変則的ではあるが
ぶちょおへの思いも伝えることが出来ましたし。

瀬乃、小夏が、2人のラブラブさを見せつけられたことくらいかな。

ほんと、内容ないです。


確かに、楽しいから、それはそれで良いとは思うが、
かませ犬状態の、瀬乃。小夏そして美香が、なんかねぇ。。。。

もう分かっているんだから、それ以上振り回さなくても良いのに、
ホタルらしさ。。というか、KY炸裂で。。。切ない状態へ

実を言うと、今回、気になってしまったのはこの部分です。


十分楽しめているのだが、
ドラマとしてここまで来ているだけでなく、
指輪まで買ってもらっているホタルの行動が、あまりにKY過ぎて
楽しめているのに、不快感を感じるという奇妙な状態。

この期に及んで、やるような“行動”じゃありませんよね。。。。。

いままで、ホタルなりの気遣いなどが見ることが出来ていただけに
ドラマとして、やり過ぎているような気がしてならない。


そう。。無理にトラブルを発生させている感じである。

ここまで来たら、普通に、結婚と仕事、、両方描いているだけで
十分楽しめると思います。


あ。。。そういえば
二ツ木“君に振り回されながらも、三歩後ろをついていきます
  ときどき、振り向いてくれる?
二ツ木と山田姐さんの良い雰囲気。。。。

これさえ、ホタルが壊している印象になっています。

ドラマとして悪くはないけど、
主人公の暴走のし過ぎは、、、だめなんじゃ??

これまでの感想
第八夜 第七夜 第六夜 
第五夜 第四夜 第三夜 第二夜 第一夜 

« NHKドラマ10『10年先も君に恋して』 第1回 未来からの恋人 | トップページ | うぬぼれ刑事 第9話 強火 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30