« 龍馬伝 第27回 ひきのばし~~~~~ | トップページ | 逃亡弁護士 第1話 えっっと、、、、、? »

2010年7月 5日 (月)

ハンチョウ~神南署安積班~シリーズ3 第1話 神南署ジャック!

『神南署ジャックされる…届け魂の叫び!』

内容
神南署管内で散弾銃が盗まれた
駆けつける、、、強行犯の安積班長(佐々木蔵之介)たち。
所有者の三田村によれば、面倒なので車のトランクに。。。
銃弾も500発、、、盗まれたという。
安積は、現場にいる鑑識の石倉晴夫(唐十郎)を見て、現場復帰を喜ぶ
そんななか、警備会社の現金輸送車が行方不明になったと金子課長(田山涼成)

警備会社を訪れる安積と水野(黒谷友香)
車に同乗していた警備員・神山の話では、
突然、沖田(金井シゲル)という警備員が、車を止めて立ち去ったという。
上司の話でも、、そんなコトをする人間ではないと言う事だった。
なにかを感じた安積は、村雨(中村俊介)に沖田の家に向かうよう命じる。
家族が人質になっている可能性が高い。。。と。

村雨と桜井(山口翔悟)が、沖田の家を訪ねると、、
やはり、、妻・江里子(月船さらら)と、、娘・結衣が人質になっていた!
すでに犯人はいなかったが、2人組で、散弾銃を持っていたと分かる。
盗まれた散弾銃が使われた可能性を考え始める安積。
須田(塚地武雅)黒木(賀集利樹)に地域課と連携し、捜査するよう命じる。

そんななか、交通課の速水(細川茂樹)が、スピード違反の車を検挙。
直後に到着する須田たちは、運転していた男(宮川一朗太)を逮捕。
車は盗難車。車内には大金。。。明らかに、、、犯人の1人と思われた。
神南署に男を連行し尋問を始めるが、黙秘する男。

すると、、、“共犯者”らしき男(岡本健一)から連絡が入る。
“逮捕した男に1億を渡し、30分で釈放しろ!”
そのうえ、警備員を撃ったため、命の危険があると告げてくる。
安積は、そのことを逮捕した男に話した上で、
居場所を聞き出そうとするが黙秘する男

そのとき、、、神南署内で銃声が鳴り響く!
散弾銃を持った男は、
新聞記者の山口(安めぐみ)と藤井敏子巡査(多岐川華子)を人質に
資料室に立てこもるのだった。
安積が内線通話で散弾銃男と交渉を始めると。。。やはり、、先ほどの男。
男を釈放しろの一点張り、、、タイムリミットは1時間だと。

そこに、本庁捜査一課の特殊犯捜査係の高野雄司警部(宇梶剛士)らが、
SITの突入班を準備した上で、神南署に乗り込んでくるのだった。
冷静に、交渉するよう、、事件の背景などを考えるべきと言う安積。
だが高野は、自分が指揮を執ると言い始め、安積班は一切手出しできない状態。

そのころ安積は、逮捕した男“小西博人”に、再び交渉。
ようやく、散弾銃男の名前が“岸本浩平”であると話し出す。
岸本の娘・紗耶香が心臓の病で渡米。。。移植手術が必要だが、金が無く。。。
安積は、犯人の岸本の気持ちを理解し。。。。。。。



敬称略


公式HP
http://www.tbs.co.jp/hancho/



つい3ヶ月前まで、シリーズ2をやっていたと思ったら、、、
もう、シリーズ3である。
たしかに、最終回で、7月からの『再開』を予告していましたので。。。。

『水戸黄門』以外の『柱』を育てたいのでしょう。

意図は分かるのだが、、結局、1クール放送したら、、、“また、水戸黄門”

1年をあれやり、これやり、、、
いっそ、1.5クールくらいで、変則放送にしません?


さて、物語は、
散弾銃が盗まれた事件が発生!
現金輸送車の行方不明!
共犯者の1人は、逮捕したが。。。。

そんなとき、犯人が、神南署に立てこもり!!

と、、、かなり、てんこ盛りである。

流れ自体は、悪くはないと思いますけどね。

人情モノとしてのネタフリもシッカリしているし、
本庁の刑事とのやりとりも、捜査も含めて、

安積を際だたせるには、ちょうど良い感じ。

ま、、最後は、いつものように、安積ハンチョウ&安積班の活躍ですね。



“娘さんは必死で今も生きようとしている
 なのに、あんたがそれをぶちこわそうとしてるんだぞ
 同じ境遇で、闘っている子供たちは、たくさんいる。
 みんな頑張って奇跡を信じて生きている
 なのに、あんたが、こんな騒ぎを起こしたら、みんなぶちこわしだ
 あんたは、その子たちの未来も奪うつもりなのか!
 あんたのやり方は間違ってる
 銃を下ろして、もう一度やり直すんだ


キレイ事は、ドラマの定番なので、
どれだけ綺麗にまとめるか?それだけである。

安積らしい事件に、上手く転換した感じですね。

“らしい感じ”で、悪くはなかったと思います。

初回としては、このドラマの“カタチ”を魅せなきゃなりませんし、
これくらいがちょうど良い感じということだ


個人的には、金子課長が
これまでのパターンと同じで、頑張ってくれた方が良かったと思います。

手柄横取りは、良いと思うのですけどね!

そのほかの、ヤリスギは、、気にしない、気にしない。。。ドラマ、ドラマ。


気になるのは、ずっと見ていると知っている人は知っているが、
本庁の刑事が、毎シリーズ変更されること。

気にならない。。といえば、嘘になりますよね。

何らかのカタチで、繋げません?

神南署の外装、内装は無視しますので!

« 龍馬伝 第27回 ひきのばし~~~~~ | トップページ | 逃亡弁護士 第1話 えっっと、、、、、? »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30