« うぬぼれ刑事 第2話 癒し系 | トップページ | 龍馬伝 第29回 新天地、長崎 »

2010年7月17日 (土)

ハンマーセッション! 第2話 万引き少女にお仕置き!

『万引き少女にガツンとお仕置き!!失くした恋を取り戻せ』
“極悪教師が万引き指南!?小悪魔少女に隠された裏の顔!!

内容
高校教師“蜂須賀”となっ詐欺師・音羽4号(速水もこみち)
担当するクラスの生徒・司馬(石黒英雄)を立ち直らせ、一つ目の仕事が終了。
授業の方も、本当の蜂須賀、、通称“ロク”(村上健志)の協力もあり順調。

そんななか、新田真潮(高山侑子)が、クラスメート相手に
オークションと称し、商売をやっていると知る蜂須賀。
商品は、親のディスカウントショップから分けてもらっていると言うが、
実は、、、万引きした品物であるという噂があった。

気になった楓(志田未来)が、真潮の後を付けていると、、やはり、万引!
引き留めようとしていると、そこに店長を名乗る男(デビット伊東)が現れる。
もうしないと約束し、謝罪する真潮と、楓だったが、
男は、身体検査をするからと、服を脱ぐよう強要してくる。
追い詰められた2人だったが、蜂須賀が現れ、危機は逃れる。
が、、、真潮は、まったく反省するようではなく。。。。あきれかえる楓。
その一方で、楓は、真澄のためにナントカしてあげたいと考え始める。

真潮をワザとやり過ごした蜂須賀は、
万引や、反省よりも、なぜ、そこまでして金を稼いでいるかに興味を覚え始める。

やがてロクの協力で、真潮には、
クラスメートの葛城信吾(延山信弘)、工藤、佐伯と結成しているバンドがあり、
自分のせいで壊してしまったギターを、葛城のため買おうとしていること。
そしてバンドとしてではなく、スカウトマンの藤木功一から、
葛城がギタリストとしてのスカウトを受けていることを蜂須賀は掴む。

新田真潮を止めるハンマーセッション。。。。を考え始める蜂須賀。

そこで蜂須賀は、真潮にあるアイデアを伝授する。
それは町外れの骨董品屋からの、、、、、万引き。。。。。。

実は、店主役を今村(六平直政)に依頼したハンマーセッションだった!!


敬称略



仲間のために、
罪を犯してでも金を稼ごうとする新田真潮。

塩田真潮にハンマーセッション!

が、、、店主の言葉が、真潮の胸に突き刺さる。
“お前みたいな犯罪者を、助けるヤツはいない。”

真潮に与えられた、、、“孤独”

そんなとき、真潮のことを心配する“2人”が。。。。。


ま、、、そんなところだろう。



前回のような、事件性のある状態で解決したお話ではないが、

1人よりも、みんなで。。。そこにある“仲間”を表現し、
まさに、青春モノのベタ展開に持って行った感じだ。

まあ、、、楓は、“おせっかい”だけどね(笑)

でも、思った以上に青春モノに仕上がっていたと思います。

罪と罰

そんな感じである。


価値観の相違も含め、
友人から孤立していくのもなかなか良い感じですし、

本当に大切なモノを理解する。良いお話だったと思います。


最後は、

労働には対価が支払われる。。。。と

お前の汗と涙の報酬だ。。。

なるほどね。


そこまで持っていったか!!!
と、普通に思ってしまいました。

少し強引な部分もあるが、良くできたお話だったと思います。


“事件”を解決するだけでなく、
“教育”したのが、まさに教師らしい部分ですよね。

それで、こころを救っているのだから。。。
ホント、良くできていたと思います。




これまでの感想

第1話 

« うぬぼれ刑事 第2話 癒し系 | トップページ | 龍馬伝 第29回 新天地、長崎 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30