« 仮面ライダーW 第33話 きのうを探す女 | トップページ | 新参者 第三章 瀬戸物屋の嫁 »

2010年5月 2日 (日)

龍馬伝 第18回 海軍を作ろう!

『海軍を作ろう!』

内容
文久3年、勝麟太郎(武田鉄矢)とともに、
龍馬(福山雅治)長次郎(大泉洋)が乗った蒸気船“順動丸”は、
海軍操練所を作る予定の神戸へと向かっていた。
大坂到着後、
海軍士官を育てるため勝が大坂・専称寺に作った“勝塾”に向かう龍馬と長次郎。
その訓練に魅了される2人だったが、教官の佐藤与之介(有薗芳記)に命じられ、
龍馬と長次郎は、大坂の町へ訓練生集めに出向くのだった。
怪しい風体のふたりの話など聞いてくれる者などいず、困り果てていた時に、
龍馬とともに土佐を脱藩した沢村惣之丞(要潤)と再会する。

“黒船に立ち向かうのは黒船。何としてでも日本を守りたい!!”
と、、龍馬は、惣之丞を説得をする。

そして、ようやく勉強が始まったのだが。
集められた訓練生の様子を見て違和感を覚える龍馬。
戦うため...攘夷のために、、、集まっている!?


そのころ江戸城では、将軍・家茂(中村隼人)の上洛問題で揺れていた。
慶喜(田中哲司)らの説得で、上洛を果たしたまでは良かったのだが、
孝明天皇や、三条実美(池内万作)らの言葉に戸惑う、慶喜達。
攘夷の期日を問われてしまったのだった。
すぐに応えることも出来ず、今日に留められることになる家茂。
それは、半平太(大森南朋)が、たくらんだことであった。
攘夷実行を確約させる。。。と。

だが、半平太にとって思わぬ事が起きる。
山内容堂(近藤正臣)に呼び出される半平太。
土佐藩からも、海軍操練所に人を出すことになったという。
自分が考えている攘夷とは違う、、、勝のもとに人を???
そして、、、龍馬の脱藩まで赦されてしまった。。。。
戸惑いながらも、“大殿”に圧倒され、了承するしかない状態だった。

やがて、大坂の大和屋に世話になっていた龍馬のもとに、
勤王党の望月亀弥太(音尾琢真)高松太郎(川岡大次郎)千屋寅之助(是近敦之)
が、半平太の命でやって来る。
“大殿”の指示の海軍操練所への人員だった。

一方で、容堂の御側御用役・森下又平(松澤一之)に呼ばれる収二郎(宮迫博之)
収二郎は森下に揺さぶられ。。。。。

全て容堂がたくらむ、、、攘夷派、、、勤王党解体への布石であった。

そんななか、半平太に、勝の暗殺を命じられる以蔵(佐藤健)だったが、
京にいる勝のもとを訪ねた以蔵は、龍馬と勝麟太郎に見抜かれ。。。。。


敬称略




なにか、不思議な世界、、人間ドラマを見たような。。。

夢と希望と、現実と。。。。すべて見た感じですね。

ま、こう言うのも良いのかもしれません。


幕府と朝廷が、攘夷という現実に対応を翻弄されていたとき、
理想に邁進する勝麟太郎。

素直に驚く、以蔵だけでなく
同じように驚く、、、訓練生達。

『俺たちは、日本人だ。そう、必ず、悟ってくれる』

以蔵や、容堂、半平太たちがいる、殺伐とした幕末、
混乱している幕末において、

理想に燃え、夢に、、、未来に進む“日本人”の姿を見た感じだ。


勝“なんで、ああいうヤツとつきあわねえんだ?”


現在の世界と、未来の世界。

お互いに補完し合いながら、対比し、
それぞれの世界が強烈に印象づけられたというお話ですね。


主人公の龍馬は、目立ってはいませんが
物語の流れの中で、“幕末”というのが見えた。。。。というところかな。


楽しい部分と、シリアスな部分。

こういった表現をしながら、“龍馬伝”は展開していくんだなぁ。。。
と、
あらためて、進む方向が見えてきた感じである。。

良くできていたと思います。
歴史を見せようとする、、、イヤ、、魅せています。


細かいことを言い出せば、
あれこれ言いたいことはあるが、

雰囲気として、大きく間違っていることをやっているわけでもないので、

こう言う“感じ”のモノだ。。。と考えれば、
これくらいならば、許容範囲だろうし

良い雰囲気をかもし出しながら、理解しやすい展開になっていると言える。



ドラマとして魅せる。

これからの展開も含め、それが良く考えられたお話で、
ドラマとして面白かったと思います



これまでの感想

第17回 第16回 第15回 第14回 
第13回 第12回 第11回 
第10回 第9回 第8回 第7回 第6回
第5回 第4回 第3回 第2回 第1回 

« 仮面ライダーW 第33話 きのうを探す女 | トップページ | 新参者 第三章 瀬戸物屋の嫁 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30