« 臨場(2) 第6話 濡れ衣 | トップページ | 絶対零度~未解決事件特命捜査~ 第8話 慟哭 »

2010年5月30日 (日)

龍馬伝 第22回 龍という女

『龍という女』

内容
容堂(近藤正臣)の命により投獄された半平太(大森南朋)
土佐では土佐勤王党や攘夷派が弾圧され、京では攘夷派の一掃が始まっていた。

そんななか大坂の専称寺・勝塾で航海術を学ぶ龍馬(福山雅治)ら、
土佐藩士に対して容堂から帰国命令が下る。命令に背けば“脱藩”だという。
だが龍馬は、、、決断する。
“わしらには、勝塾の海軍の仲間がおるがじゃ!”
それは再び脱藩すると言う事を意味した。

すると龍馬へ、姉・乙女(寺島しのぶ)から文が届く。中には、五両。。
坂本家みんなが、龍馬を応援していると言う事だった。

そのころ、以蔵(佐藤健)は、追い詰められ始めていた。
近藤勇(原田泰造)ら、、、新撰組。。。たちに。。。
どうして良いか分からず、なつ(臼田あさ美)のもとに転がり込む以蔵。
逃げようと話す以蔵であったが、役人達に追われている理由を知ったなつは、
以蔵に怯え、、、涙を流すのだった。
“わしのことは忘れてくれ”
ふたたび以蔵は、、逃走劇を始める

直後、龍馬や長次郎(大泉洋)惣之丞(要潤)亀弥太(音尾琢真)らが
身を寄せる大和屋に、なつが訪ねてくるのだった。
事情を知り、以蔵を捜すため街に飛び出していく龍馬。

一方、半平太は、後藤象二郎(青木崇高)から、
東洋(田中泯)暗殺について、詰問されていた。
だが大殿に忠義を尽くしていると断言し、それ以上話そうとしない半平太。
“間違ったことはしていない”
すると象二郎は、島村衛吉(山崎雄介)を拷問にかけ始めるのだった。

京の街で、以蔵を捜す龍馬
扇岩という宿に泊まったとき、主人と女性が騒動を起こしているのが耳に入る。
その女、お龍(真木よう子)は、借金のカタに妹を連れ去られたと、
包丁を持ち出し、主人らが止めるのも聞かず暴れていたのだ。
話を聞いた龍馬は、5両を手渡し。。。。

“このカネを生き金にしてくれ”


敬称略


サブタイトル『龍という女』

あいかわらず、
内容とかけ離れたことを。。。。。

意味分からん!

ま、、とりあえず、“出会い”ってことで。
最も分かり易い、お龍さんの超有名エピソードですよね。


とはいえ、
今回のお話には、“ほとんど関係ない”エピソードですけどね。。。

意味分からん。。ほんと。


とりあえず、不満を吐き出したところで。

今回は、前回までの物語の“続き”ですね。

土佐で捕らえられた半平太。
後藤象二郎は、詰問でどうにもならぬと見ると、次の作戦へ。。。

一方、逃げる以蔵を助けようと必死になる龍馬。

以上、2本立てである。


細かいことはさておき。
以蔵も、半平太も
繰り返しで、同じようなことばかりをやっているので
20分もあれば済むお話を、
延々と引き延ばした印象が強いが

収二郎よりも、明らかに目立っていたキャラですし。
“顛末”は、キッチリ描こう!
そして、そんなふたりの状況を感じて、自分自身の状態も考え苦悩する龍馬。

いや、収二郎が、あんな結末だったから、
“何とかしてやりたい”が、、正確かもね。

と、今回は、そんなところでしょう。

大森南朋さんのほとんど言葉を発せず演じる演技
と、
公式HPにもありますが、必死に逃げ回る佐藤健さん。

ふたりの頑張りが盛り上げていて、
時代の苦しみと痛み、そして切なさは伝わってきた感じだ。

そしてアクセントとして、
弥太郎を入れると言う事をしているため、
よりいっそう、ふたりの顛末が強調されている感じである


ただまぁ、先ほど書いてしまっているが
同じコトを繰り返しているような印象が強いのが、玉にきず。

仕方ないと言えば、仕方ないのだが
ストレートに言えば、、、以蔵なんて、、いつから逃げている?
そんな感じだしね!


それなりに盛り上がっているので、オモシロ味は感じるが
前回、今回で、もう少しバランス良く、、、そんな気がします。

特に、半平太なんて、前回と含めて“1話に全て”見たかったモノです。
そうでなければ、収二郎も含め、バランス良く。。。


これまでの感想
第21回 第20回 第19回 
第18回 第17回 第16回 第15回 第14回 
第13回 第12回 第11回 
第10回 第9回 第8回 第7回 第6回
第5回 第4回 第3回 第2回 第1回 

« 臨場(2) 第6話 濡れ衣 | トップページ | 絶対零度~未解決事件特命捜査~ 第8話 慟哭 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30