« アンタッチャブル~事件記者・鳴海遼子 第4話 人質監禁事件の謎 | トップページ | サムライ・ハイスクール 第4話 会った事のないクラスメイト »

2009年11月 6日 (金)

おひとりさま 第4話 教師として

『私にはわかる あなたは逃げるような人じゃない』
“あなたはこんな事で逃げ出す人じゃない”

内容
真一(小池徹平)と同居をはじめたことで、
“おひとりさま”里美(観月ありさ)は生活の無駄を指摘されてばかり。
仕方がなく節約のお勉強をしたりと、学校でも、つい披露したり。。。と。

その頃、学校では生徒からも自然保護団体への募金が集められていた。
君香(松下奈緒)が、とりまとめ役になるのだが、
集計の翌日に募金10万を紛失!!
責任を感じ君香は、弁償するというのだが、田島校長(真矢みき)は、
職員室で発生したと言う事もあり、里美に調査を命じるのだった。
里美は、養護教諭・青木ちひろ(鈴木亜美)の協力を得て、調査開始!
だが、調べれば調べるほど、、、先生みんなに動機がある。

話を聞いた真一は、ある事を思い出す。。
生徒の菊池理香(石井美絵子)が、中学入学時に親に買ってもらった高価な時計。
家計が苦しく、質屋に預けていたのだが、
その時計を、7万で買い戻していたのだった!!!
まさか。。。。。不安になる真一。
そんなとき、里美から生徒へ可能性を広げると聞き、ショックを受ける。
そのうえ松村由紀先生(麻尋えりか)が佐々木麻衣先生(北川弘美)に
紛失当日、職員室で理香を見たと話しているのを聞いてしまい。。。。。動揺。

真一の様子がおかしいのを感じた里美は、隠している事を話すよう言うのだが、
“教師が生徒を疑って良いんですか?”という真一。
それも教師の仕事であると里美は、たしなめるのだが、

真一“だったら、教師なんて辞めます”
里美“こんな事で逃げ出すような人じゃない”
と、、真一は里美のマンションを出て行ってしまうのだった。

敬称略




学校で、大金が紛失!!!
みんなに、動機がある!
そんななか、真一は、生徒の1人に目を向け始める。
まさか、、。。。でも、お金が入ったのは確か。。。
真一は悩みはじめる。教師なのに生徒を疑うような事をしても良いのか???

様子がおかしいのを見て、里美は。。。。。


ま。そういうことである。



完全に、教師モノのドラマの定番の1つですね。

生徒と、どうやって向き合うべきなのか?
まだまだ新米なのに。。イヤ、、
それ以前に、教師って言うのもやりたくてはじめたわけでもないのに。。。

そんな真一の悩みを描きながら、
“教育係”でもある里美が、なんとなくうながす。。。

かなり、ベタな物語で、キレイ事でまとまっている部分もあるのですが、
ま。。。。真一という存在が、
生徒から見て“ある意味一目置かれる存在”と考えれば、
こういったまとめ方も、アリでしょうね。

そこまでの、深みを持った教師モノでもありませんし!

一方で、
里美のとんでもない。。。。ちょっと若年性の病気なんじゃ??と思うほどの。。
そんな小ネタを入れながら、
あ。。。校長先生もね!

最終的に、あまり活躍の無かったちひろ先生を探偵役に抜擢するなど

教師モノと言うだけじゃなく、コメディドラマ。。そして、、
一種の探偵モノの物語としても、楽しめた感じである。

“グダグダでも、ちゃんと向き合ったじゃない。”

なんだか、説得力のあるような無いような感じではありますが、
全体として、楽しめた感じの物語だったと思います。


真一の成長も、、、見えたしね!




少し気になったのは、
同居が普通であるという状態は、丁寧に表現され
その中にある、2人のギャップも楽しく表現されているのだが、
前回までほどの、男と女の意識が、弱くなっている事かな。。。

これは、次回から。。。カナ。


これまでの感想
第3話 第2話 第1話 

« アンタッチャブル~事件記者・鳴海遼子 第4話 人質監禁事件の謎 | トップページ | サムライ・ハイスクール 第4話 会った事のないクラスメイト »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30