« こちら葛飾区亀有公園前派出所 第5話 麗子はワシの宝物! | トップページ | 仮面ライダーW 第1話 探偵は二人で一人 »

2009年9月 6日 (日)

侍戦隊シンケンジャー 第二十八幕 提灯侍

『提灯侍』

内容
“こんなに早く終わりが来るとはな”
様子のおかしい源太(相馬圭祐)
そんななか、ナナシ連中の出現の連絡を丈瑠(松坂桃李)から受ける。
丈瑠達が戦っている場所に駆けつけた源太であったが、なぜか、変身しない。
何とか五人で、ナナシ連中を撃破したのだが。。。。
“オレ、寿司が怖いんだ~~~”
寿司恐怖症になったのだという。
魂の入替で“寿司”になった源太は、猫に食べられそうになったため、
寿司が怖くなり、、そして握れなくなってしまったのだった。

そのころ、三途の川では
ドウコク、シタリの前に“筋殻アクマロ”が顔を出していた。
ドウコクの力が増したことで、復活できたのだという。
“船に迎えていただきたい”

一方、志葉家では千明(鈴木勝吾)が“苦手なモノを克服しよう大作戦”
ことは(森田涼花)は、納豆。茉子(高梨臨)は、粉ふきいも
流ノ介(相葉弘樹)は、サボテン。。。。。
丈瑠は、お化け屋敷
みんないろいろと克服していくのだが、どうしてもダメな源太
“タダで引退はしねえよ。キッチリ仕上げてやるぜ!”と言う源太であった。

そんなとき、
アクマロが現世に出現し、駆けつけるシンケンジャーたち!!




敬称略


アクマロ、、強い!!

戦い方も、良い感じだし。。。美学を感じますよね。

いや、それ以前に、
シンケンジャーの強化が進みすぎているのだから、
敵とのバランスを取るには、こういった“力”が必要であります。

そう考えれば、
今の時期。。。もしも、夏が終わりわずかにドウコクの力が弱まったとしても
バランスがよくなると言うモノである。

ナナシ連中や、普通のアヤカシでは撃破できる“ワザ”も
まったく刃が立たないというのも、面白い部分。

“切神”という力で追い詰めていくのも、良いですよね。


最後は、提灯で“ダイゴヨウ”
サカナマルまで変化しちゃってるよ。。。。


ただ、気になるのは、
最強の丈瑠が操る、シンケンオー、、、7~8体合体で負けているのに、
ダイゴヨウで、活躍できるってのは、、、どうなのかな???

さっきまで大活躍の敵が、逆に、不甲斐なく見えてしまっています。

ちょっとねぇ。。。


悪くない敵の登場だっただけに、もったいないことをした感じだ。
まぁねぇ、、キャラ魅せとしては良い感じなのだが、
“強さ”は見えても“悪意”を感じにくかったのも、気になるところ。



そういえば、もう1つ気になったこと。
アクマロがドウコクの影響を受けたのだとしたら、
これだけ活躍できるアクマロなのだから、、、ドウコクって、、いったい。。。

彼の活躍を待ちたいところだ。


それにしても、良い感じのお話でありましたが、
若干、穴も。。。。で、今作もロボが3体目ってことなんだ。。。。
何か、戦い方によっては、“切神”を倒せたように見えますよね。
このあたりのパワーバランス、、どう表現していくことやら。。。

これまでの感想

第二十七幕 第二十六幕 
第二十五幕 第二十四幕 第二十三幕 第二十二幕 第二十一幕 
第二十幕 第十九幕 第十八幕 第十七幕 第十六幕 
第十五幕 第十四幕 第十三幕 第十二幕 第十一幕 
第十幕 第九幕 第八幕 第七幕 第六幕 
第五幕 第四幕 第三幕 第二幕 第一幕 

« こちら葛飾区亀有公園前派出所 第5話 麗子はワシの宝物! | トップページ | 仮面ライダーW 第1話 探偵は二人で一人 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30