« 侍戦隊シンケンジャー 第二十二幕 殿執事 | トップページ | フレッシュプリキュア! 第25話 私は生まれ変わる! »

2009年7月26日 (日)

仮面ライダーディケイド 第26話 大ショッカー来襲!!

『RX!大ショッカー来襲』

内容
新しい世界にやってきた士(井上正大)ユウスケ(村井良大)夏海(森カンナ)
その彼らの前にクライシス最強の戦士・怪魔ロボット・シュバリアンが現れる!
“霞のジョーを始末しろ!”
多くの敵に囲まれる中、
突然、南光太郎(倉田てつを)が現れ、“RX”に変身!!

RXが、闘っていると、突如、ファンガイアとイマジンが現れる!!
士もディケイドとなり、参戦!

敵の撃破に成功するが、世界の破壊者ディケイドと知り
光太郎は、ディケイドに敵意を向けるのだが、
そこに夏海が入り込み、納得してもらえるのだった。

光太郎によると、クライシス帝国が侵略するRXの世界。
そこに突如、ファンガイア、イマジンという新しい勢力が参戦してきたという。
そんななか、仲間である霞のジョーが消えた。
仲間を取り戻すために、闘っていると言う事だった。

そんなことのために、闘っている。
バカバカしいと感じる士は、光太郎の前から立ち去っていく。

すると、その士の前に、謎の男(川原和久)が現れ、
“世界の秘密結社が大結集した大組織・大ショッカー”のアポロガイストとなる!
アポロガイストは、士の命の炎を奪おうとすると、
夏海が助けに入り。。。。。。。。


敬称略



映画と重ねているのか。
それとも、これが、この物語の本筋なのか

どっちだか分かりませんが、

とりあえず、“ニオイ”としては、
都合良く鳴滝、海東が登場したことからすると、

あきらかに、
“ディケイド”というものがたりの、まとめに入っているのは確かだろう。

にしても、

まさか、海東から、“Xライダー”の説明だけでなく、
今回の“お宝”。。。パーフェクターの説明までなされるとは。。。。

確かに、分かり易いですよね。

今までは、
ディケイトが、別の世界に入り込むと言うだけでしたが、
そこに、新しい要素の大ショッカーまで投入したのだから

どこかで、何らかの説明がなされなければ、
分からない人は、いつまでもスッキリしないわけだ。

となると、
この説明、この終盤においては、
これからの続くだろうし、必要不可欠な要素になるカモね。



それはさておき。アポロガイスト。。。。いいですね。

完全に、時空を超えている存在であることを
いろいろな“怪人”を登場させて、表現している。

単純だけど、

よっぽど、
鳴滝という同じコトをやっている存在よりも
“敵意”がハッキリしているために、
物語を分かり易く、そして面白くしている。

崩壊していた物語に『まとまり』を感じた瞬間ですね。


序盤から、アポロガイストだけじゃなく、
他の幹部達も登場させてりゃ、良かったのに。。。。。(笑)


この存在は
余計に、鳴滝が、中途半端な存在であるのが。照明されたようなモノで
これからキッチリと説明がなされないと、
本当の意味で、ディケイドの世界の崩壊に繋がるような気がします。



にしても
光太郎“仲間のために闘い続ける
そして
光太郎“この世界はオレがまもる!

これだけで、今回は、十分である



と言うより、次回。。。ブラックの世界なんですか!?
それも予告からすると。。。。

まさに、夢の変身!


本当の意味での『祭』まで、あとわずか。。

これまでの感想

第25話 第24話 第23話 第22話 第21話 
第20話 第19話 第18話 第17話 第16話 
第15話 第14話 第13話 第12話 第11話 
第10話 第9話 第8話 第7話 第6話 
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話 

« 侍戦隊シンケンジャー 第二十二幕 殿執事 | トップページ | フレッシュプリキュア! 第25話 私は生まれ変わる! »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30