« 婚カツ! 第9話 クニが好き! | トップページ | 白い春 第10話 父として »

2009年6月16日 (火)

アタシんちの男子 第10話 驚きの真相!

『驚きの真相!』

内容
ミラクルの社長となった時田は、千里(堀北真希)たちに、
トリックハート城から3日以内に出ていくように命じる。
戸惑うばかりの、千里と
風(要潤)翔(向井理)優(山本裕典)智(瀬戸康史)明(岡山智樹)たち。

風“オヤジにとって、ここは、特別な場所だったはずだ。
  だから、俺たちをここに住まわせたんじゃねえかな
  オヤジが残した、この城を誰にも渡さない
  俺たちがここを出ていくときは、自分たちの意思でそう決めたときだ

徹底抗戦を訴えるが、手段もなく。。。
響子(高島礼子)に、風が疑問を投げかけても、のらりくらり。。。

とりあえず、父・新造(草刈正雄)の遺産を見つけることが出来れば。。。と。
ヒントとなるであろう、、、母親十カ条を考えはじめる。

“母親十カ条 其の漆 力を合わせて、発明品を作れ”
を実行したまでは良かったが、、、3日後、発明品も完成せず。
そんなとき、時計台が爆発!!
千里がいなかったため、無事。。。
だが、時田に言われて、国土(つるの剛士)がやったことだった。。。

そのころ、時田から“子供達の将来”の話をされた千里は、決意する。
翌朝になって、千里は子供達に城から立ち退くよううながすが、
逆に、裏切り者とされてしまう。
そして、兄弟たちに追い出されてしまった千里。
それが、千里を無事に逃がすための作戦とも知らずに。。。。
籠城を開始した風たち。

猛(岡田義徳)のいるアパートに顔を出した千里だったが、上手く言えず。
行くアテもない千里は、義男(田山涼成)の家へ。
なぜか、、義男の家に、新造の発明品が!?
そして、響子が現れ、全ての真実。。千里の出生の秘密が語られる!

一方、籠城している風たちの前に、奇跡を起こす男・猛も合流。
そこに、時田から、千里の秘密が伝えられるのだった。

“千里は、大蔵新造の娘”


敬称略




みんな、かけがえのない、私たちの家を守ろう


時田に追い込まれた、大蔵家
だが、最も弱かった“絆”だった親子関係。。
そこにあった、本当の千里の秘密を知ったとき、

大蔵家は、1つとなる!!



ま、、、そんなお話だ。



そう、結局
結婚という絆、、母親と言う事しか意味が無かった千里。
それは、父の借金の裏返しでもあったというのも、

面白い部分でしょうね。

だから、どうしても、千里にも切るに切れないモヤモヤがあった。

が、真実を知ると共に、
父・徹から

“血のつながりなんて関係ねえ、
 たとえ、千里、離れていても、心で繋がっている
“男がひでえこと言うときは、裏がある
“一緒に過ごした時間は、ウソツケねえ

今回のMVPは、完全に徹である。

徹という切るに切れない親子関係があるからこそ、
本当の意味での親子、、そして、家族を知ったのでしょう。



どっちにしても、“
いまさら。。。。”という感じがしないでもないが

まぁ、、、、こんなところでしょう。
一応、発明品も使っているしね。

いままで、家族のことは描いているが、千里のことは、ほとんど描いていないし。
全てを思い切って、まとめて、もう1歩進めるには
この結末しかなかったのも事実だろう。


ベタ。。。。ではないが、
このドラマとしては、ベタかな。
ひとりひとり、“親”との関係を描いてきたからね




ただ、どうしても気になるのは、
時田の行動が、どうとかよりも、
ここまで混乱している物語を、どう終息させるのか??
ですけどね。

どんな結末を持ってきても、
強引な印象が残ってしまうような気がしますけどね。。。。



ちなみに、今回のお話で、一番印象に残ったのは、
山本耕史さん、、、のキャラですね。


これまでの感想
第9話 第8話 第7話 第6話 
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話

« 婚カツ! 第9話 クニが好き! | トップページ | 白い春 第10話 父として »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30