« 侍戦隊シンケンジャー 第十九幕 侍心手習中 | トップページ | フレッシュプリキュア! 第21話 プリキュアはあんさんや! »

2009年6月28日 (日)

仮面ライダーディケイド 第22話 ディエンドの世界

『ディエンドの世界』

内容
ディエンドの世界にやってきた士(井上正大)たち。
どうやら、海東(戸谷公人)は指名手配をされているよう。
サラリーマンとなった士。

一方で、夏海(森カンナ)とユウスケ(村井良大)は、警察に行くことに。
が、、、妙に、優しい人たちに、戸惑う2人。

そんななか、トラブルが発生した少年を助ける
美輪春香(三津谷葉子)、禍木慎(杉浦太雄)の2人が現れ、ライダーに変身!
士もディケイドになって、敵を撃破するのだが。。。。。
この世界の人たちは、仮面ライダーに敵意を向け始める。

そして、、ついにエリア管理委員会の海東純一(黒田勇樹)と
接触を果たした士は、海東が社会を壊そうとしていると聞かされる。
海東の兄である純一。。。弟・大樹は反逆者だというのだった。

その一方で、
美香たちから世界がローチの寄り支配され、
優しさを強いられていると知る士。
フォーティーン(伊藤高史)というリーダーにより。。。。


敬称略




なんか、お話自体は、
かなりいろいろなことが盛り込まれているようで。

ディエンドの秘密が、少し近づいてきた感じだ

途中、ユウスケが捕らわれ“改造”されかけているシーンもあったし
このまま、“1つの世界”として、成立しそうな勢いだけはある、印象だ。


とりあえず、
今までの“世界”と大きく違うのは、
士、海東にとって、敵であるのか味方であるのか
少し分かり難い感じのライダーが登場していること。
そして、そこに、何らかの秘密が隠されていることなどであろう。

決定的に違うのは、ライダーが“悪”であるということでしょうね。


“定番”の意味不明シーンも、
物語に利用されているために、それほど違和感はないし(笑)

ようやく、ライダーらしいライダーが、
僅かではあるが、見えた感じだ。

ネタフリをし過ぎているために
あとは、キレイにまとまるかどうかだけである



ちなみに、今回。
少しだけ面白く感じたのは、
コンプリートフォームで、ライダーを登場させる部分で
ノーマルフォームで退かせるという演出を入れたこと。

こういう“間”が大事ですよね。
だって、タッチパネルで“作業”していると、、、襲われることも。。。。



ま、、、、上手くまとめて欲しいものである。

これまでの感想
第21話 
第20話 第19話 第18話 第17話 第16話 
第15話 第14話 第13話 第12話 第11話 
第10話 第9話 第8話 第7話 第6話 
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話 

« 侍戦隊シンケンジャー 第十九幕 侍心手習中 | トップページ | フレッシュプリキュア! 第21話 プリキュアはあんさんや! »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30