« 侍戦隊シンケンジャー 第十四幕 異国侍 | トップページ | フレッシュプリキュア! 第16話 甘酸っぱいラブと、ベリーの現実 »

2009年5月17日 (日)

仮面ライダーディケイド 第17話 クロックダウン!

『おばあちゃん味の道』

内容
ゼクトのザビーの装着者ソウ(川岡大次郎)を見て
お兄ちゃんだというマユ(菅野莉央)。行方不明の兄が見つかったことに、
素直に喜ぶ夏海(森カンナ)ユウスケ(村井良大)であったが、
だが、何かオカシイと感じる士(井上正大)

そんなマユと夏海の前に、海東大樹(戸谷公人)が現れ、疑問を呈する。
ワームに狙われ、カブトが守る。。。。なぜか?と。
そんななか、マユがワームに!?

一方、カブトを捕獲するために、クロックダウンシステムを開発したゼクト。
ソウが、マユの前に現れ、連れ去ってしまうのだった。
“カブト捕獲のおとり”とするために。

その作戦を知ったアラタ(牧田哲也)は、士の前に現れ。。。。。
そのころ、すでにカブトは捕獲され、
本当の姿ソウジ(川岡・二役)を現していた。。。


敬称略




この世に1カ所だけ
たとえ世界のすべてを敵に回しても
家族の帰りを待ってる場所がある
そして、この世にひとりだけ
たとえ世界のすべてを敵に回しても
家族のために戦う男がいる


ということで、
クロックアップの世界の閉じ込められてしまっていたカブト

ただ、影ながら、妹を助ける。。。。

一方、おばあちゃんは、なんでも知っている!


まぁ、そんなお話でしたが、

今回、もの凄いてんこ盛りのお話ですよね。


お話としては、切なさを漂わせるお話で、
結構満足感の高いモノでしたし。

最終的に
フィロキセラワームを倒す部分なんかも

ディケイド&カブトのライダーキック!!!

魅せ場もたっぷりである。


やはり、このディケイドにおけるメインの物語、、鳴滝を登場させないだけで
『ライダーの世界』の物語がシッカリ描かれ、
オモシロ味のあるものになると言うことだ。


ディエンド、海東が、いまだに意味不明であるが、、、、
今回はオチ要員?

物語を作ろうとしたら、この程度で丁度良いでしょう。


結局、自ら証明していますよね。
無駄なモノを入れずに、お話を単純化すること。
または、無駄を入れずに、お話を作り込むこと。

その方が、質が高くなると言う事を!!





そう言えば、1つ気になったこと
イクサたち、、おしゃべりですよね。


これまでの感想
第16話 
第15話 第14話 第13話 第12話 第11話 
第10話 第9話 第8話 第7話 第6話 
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話 

『劇場版 超・仮面ライダー電王&ディケイド NEOジェネレーションズ、鬼ヶ島の戦艦』
感想

« 侍戦隊シンケンジャー 第十四幕 異国侍 | トップページ | フレッシュプリキュア! 第16話 甘酸っぱいラブと、ベリーの現実 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30