« 侍戦隊シンケンジャー 第十一幕 三巴大騒動 | トップページ | ぼくの妹 第2話 疑惑 »

2009年4月26日 (日)

仮面ライダーディケイド 第14話 超・電王!

『超・電王ビギニング』

内容
“電王の世界”にやってきた士(井上正大)達
すると突然、士の様子がおかしくなってしまう。
そして、、何かに取り憑かれたかのように“電王”に変身する士
電王はイマジンと激しく戦い、撃破するのだった。
夏海(森カンナ)ユウスケ(村井良大)の2人は心配するが、
夏海の“笑いのツボ”で回復。
とりあえず、、、イマジンのモモタロスをユウスケに憑依させるのだった。
モモタロスによると、数日前から異変が起き、実体化できなくなったという。
なにかを感じた士は、デンライナー探しに向かうが、
その途中、、、ウラタロス、キンタロス、リュウタロスに捕まってしまう。
3人は、原因はディケイドにあると言いだし、
夏海に取り憑き電王に変身し、戦いはじめるのだった!!

そのころ、モモタロスに取り憑かれたユウスケの前に、、海東(戸谷公人)


敬称略


どうやら、“ヤツ”も出てきたようで、
“映画”と、本当に繋がるようである。。。


ま、、、それはさておき、
今回は、ホント、シンプルだよね。

たしかに、モモタロスたちの“キャラ”を出して、
いろいろと楽しませているのだが、

自分たちに発生、、そして、街の異変の原因はディケイド!
ということで

そして、夏海、ユウスケを電王に仕立てて
ディケイドに戦いを挑ませる!


ほんとうにベタなのであるが、
戦いには、こういうシンプルさが、最も必要なこと。

物語作りも、確かに重要なのであるが、
“戦い”をどうしても“主”にしたい“ディケイド”なのですから、

このシンプルな理由づけと、戦いを魅せる行為は
悪くない選択だったと思います。

逆に、
物語作りを考えすぎて、中途半端に謎を残されるよりは、
よっぽど良いです。


そこに、なにかを感じる夏海の存在と崩壊する電王の世界。。。。
良い感じのネタフリと言えるでしょうね。




ただし。。ディエンドの戦いは、
明らかに無意味に見えるため、、、ホント、、、無駄ですけどね。

だって、“理由”がありませんから!



そういえば、今回のディケイドの変身の選択肢は、
なぜ、アギトなんだろう???

確かに、歴代のライダーの中では、
変身形態の数と、変化のシンプルさはありますから
前回までがアギトだったって言うのも含めてのものかな。..。。



しっかし、ホント、シンプルなお話だったよね。。
実際、この程度で“バトル”は十分なのかも知れません。


これまでの感想

第13話 第12話 第11話 
第10話 第9話 第8話 第7話 第6話 
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話 

« 侍戦隊シンケンジャー 第十一幕 三巴大騒動 | トップページ | ぼくの妹 第2話 疑惑 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30