« ゴッドハンド輝 第1話 生命の叫びが聞こえる | トップページ | 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第2話 はじまりの日 »

2009年4月12日 (日)

侍戦隊シンケンジャー 第九幕 虎反抗期

『虎反抗期』

内容
丈瑠(松坂桃季)と遜色ない剣の腕をもつ流ノ介(相葉弘樹)の姿に、
感心する、千明(鈴木勝吾)。
彦馬(伊吹吾郎)は『殿の強さは、戦いで培われたモノ』だという。
そんな中、アヤカシ“ヒトミダマ”が現れ、シンケンジャーが向かうのだが、
そこに現れたのは、、、“虎折神”。ヒトミダマに操られていた!!
そのうえ、ブルー流ノ介が、操られてしまい、戦えず、どうにもならない状態に。
だが、丈瑠ひとり、、流ノ介に挑んでいく!!


敬称略



なんか、虎折神の登場が、かなり中途半端ではあるが。

どちらかと言えば、今回のお話は
流ノ介と丈瑠が戦ったことで、

そこにある、丈瑠を表現したようだ。

千明『いつまでも殿様の顔くずさねえから
  こういう時100%信じらんねえじゃねえか

まさに、この言葉が、丈瑠の存在を表現している。
一切、自分を見せようとしない丈瑠である。

だから、
勝手に。。。といえば、聞こえは悪いが、
1人、流ノ介に挑んでいったりするわけである。


とはいえ、
丈瑠は、ヒトミダマとの戦いの中で、ポイントを理解。
“モヂカラ”を使えば、撃破できる。。と


そんな、丈瑠と流ノ介の戦いの中に
十蔵を紛れ込ませる!

いやまぁ、、知らないヤツとの会話に違和感を覚えていない3人に
妙な違和感を覚えますが。。。
それは良いだろう、。。

十蔵“勝負あったな
  あの男稽古熱心なんだろうが
  そういうヤツは、どうしてもワザに走る
  1本とろうとするんだ
  むろんゴミひとつ落ちていない道場で、行儀のいい試合をする場合は
  それでいい
  しかし実戦は別だ
  必要なのは、その場に応じた動き
  そして、時間制限のない中での体力の計算
  あの構え、腕の疲れを最小限にするのに最適じゃないか
  1本を狙ってくる相手が、崩れる一瞬のスキ
  それを待っていたはずだヤツは。
  1本ではなく一撃をとるために


丈瑠と流ノ介を見事に表現。


戦い後
丈瑠“俺は、お前の命を勝手に賭けた。ごめん”


良い感じのお話であると供に、
丈瑠をキレイに表現したと言って良いだろう。

序盤で、生身での殺陣を魅せておいて、
最後は、キッチリ勝負。

ほんと、キャラの使い方が、良い感じだったと思います。



ただ、気になったのは、虎折神
もう、舵木折神の時のようなモノもなければ、
なんかねぇ。。。。

“虎ドリル突撃!!”

って、、そのままやん!!


メカの登場は、それはそれで別の話だから
今回は、コレで良いのだろうが。
なんか、ザコキャラ扱いですよね。。。




これまでの感想
第八幕 第七幕 第六幕 
第五幕 第四幕 第三幕 第二幕 第一幕 

« ゴッドハンド輝 第1話 生命の叫びが聞こえる | トップページ | 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第2話 はじまりの日 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30