« 銭ゲバ 第9話(最終回)風太郎の幸せ | トップページ | 仮面ライダーディケイド 第8話 ブレイドの世界 »

2009年3月15日 (日)

侍戦隊シンケンジャー 第五幕 兜折神

『兜折神(かぶとおりがみ)』

内容
殿・丈瑠(松坂桃季)から、休みをもらった侍たち
親睦を深めようという流ノ介(相葉弘樹)と
ことは(森田涼花)の提案で、遊園地に行くことに
だが、丈瑠は遊園地に行かず、彦馬(伊吹吾郎)と稽古をしていた。
今のままでは、外道衆に対抗できなくなるかもと。。。
倍以上のモヂカラが必要とする志葉家秘伝の“秘伝ディスク”の稽古を!

そのころ、流ノ介達のいる遊園地に
アヤカシ“ヤナスダレ”が現れていた!!
シンケンジャーとなり、戦いはじめるも、
攻撃する力を受け流し、刀の攻撃が効かない。
丈瑠が加わった、モヂカラを使った5人同時攻撃
シンケンマル“五重の太刀”も、傷をつける程度。

やはり、秘伝ディスクの力が必要。
丈瑠は侍たちを動揺させないように、1人稽古に励む。。。。。


敬称略




秘伝ディスク“兜ディスク”を使い、

烈火大斬刀 大筒モード!
兜五輪弾!!

一の目を撃破!!


シンケンオー
兜ディスクから、兜折神!!!

大ナナシ!!
には、、、

侍武装!
カブトシンケンオー!!天下無双!

兜砲!!

二の目に

兜大回転砲!!



侍たちには、心を見せず
彦馬には、、、、

最終的な5分程度の戦いだけでも、盛りだくさん!!


なかなかやります、シンケンジャーである。

まぁ、なんでも“兜”を名称につけるのは
なにか気になる部分ではありますが、、、、
っていうのも、
他に“秘伝ディスク”が出てきた時、どんな名称に??と。。


それはさておき。
戦いでキッチリ魅せながら
“殿としての義務”をキッチリ果たそうとする丈瑠

見事に描ききったお話ですね

彦馬の説明
『使えぬといえば
 戦いに不慣れな流ノ介達のおそれは、戦いを不利にする
 彼らの支えとなるのは、殿の強さのみ
 その強さに、微塵の揺らぎもないからこそ、命を預けて戦える
 それが分かってるからこそ、殿は。。。

多少長めであったのは気になるが、
でも、分かり易く、『殿』とは、どういうことかが分かる部分。


そんな丈瑠の心を描き、
戦いも魅せる。
素晴らしい構成だったと思います。



ちなみに、最も気になったことは。
大ナナシが出現したまでは良いが、

あの距離で、弓矢攻撃ですか???



これまでの感想
第四幕 第三幕 第二幕 第一幕 

« 銭ゲバ 第9話(最終回)風太郎の幸せ | トップページ | 仮面ライダーディケイド 第8話 ブレイドの世界 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30