« 赤い糸 第11話(最終回) 大切なひと | トップページ | 仮面ライダーディケイド 第6話 仮面ライダー裁判制度 »

2009年3月 1日 (日)

侍戦隊シンケンジャー 第三幕 腕退治腕比

『腕退治腕比』

内容
いつも通りに規則正しい生活を送る侍たち
だが、千明(鈴木勝吾)だけは、自らのふがいなさにいらだつと共に
丈瑠(松坂桃季)の偉そうな態度に納得出来ないでいた。
そんななか、彦馬(伊吹吾郎)が命じた稽古もせずに、
友人達と街に飛び出した千明。

愚痴をこぼす千明の前に、外道衆のロクロネリが、隙間から出てくる。
1人で倒せば。。。。千明は、『一筆奏上!』1人で挑んでいくのだが、
ロクロネリの地下からの攻撃に、対応できない状態。
友人に良いところを見せるどころか、
ケガをさせてしまうのだった。
レッドたちが到着し、ブルーの“水の幕”により、退いたシンケンジャー。

丈瑠は
『過去を捨てるのは、家族、友だちを巻き込まないためだ
 そんなことも分からないで、友だちを危険にさらしたんだ
 明日までに、あのアヤカシのワザ“カイナのばし”を破れるようになれ
 俺たちより一段落ちるなら我慢できるけど
 数段落ちてるんじゃ話にならない
 侍辞めろ



敬称略



今回は、千明グリーンのお話

どうしても、丈瑠の態度が気に入らない千明

が、、あれこれあって、、、納得

『あいつにあったのは、アヤカシのワザを見きる自信
 俺ひとりで、勝ったんじゃない
 絶対あいつを超えてやる


ま、、、そんなお話だ



今回も、見事に描いていますね

千明の気持ちの変化が、かなりいい感じで
普通に『ドラマ』を見ているような感じですよね。

そんななかにも他のキャラたちも、
サラッと見せているのが、なかなかやるところ。

最終的に
勝利したのも『一か八かの作戦』という

流ノ介曰く『剣術じゃない』というのもオモシロ味であろう。


また、家族達を巻き込まないため
そんな決意を織り込んでいるのも、意外と評価が高い部分
こう言うのって大事ですよね。
無駄に思える言葉でも、千明の心をゆらすには十分です


単純なお話でも、キッチリと描き込まれていて
面白かったと思います。

レッド『避ければいい
  殺気があれば、必ず読める

レッドも、魅せ場を作ってたしね!




そう言えば、、1つ気になったこと

火炎の舞い
水流の舞い
天空の舞い
土煙の舞い

雷電の舞い

木枯らしの舞い


レッドだけが、2つワザを。。。。
ひと、、、増えるんですか???

それとも、いろいろワザが使えるの??


これまでの感想

第二幕 第一幕 


« 赤い糸 第11話(最終回) 大切なひと | トップページ | 仮面ライダーディケイド 第6話 仮面ライダー裁判制度 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30