« 銭ゲバ 第3話 罠 | トップページ | 仮面ライダーディケイド 第2話 クウガの世界 »

2009年2月 1日 (日)

炎神戦隊ゴーオンジャー 第49話 最終決戦!?

『最終ケッセン』

内容
ヨゴシマクリタインの『正義解散』により
走輔、連、早輝、スピードル、バスオン、ベアール
そしてボンパーだけとなってしまったゴーオンジャー
ヨゴシマクリタインは
“デウス・ハグル・マギア”を使い、蛮ドーマ軍団を無限に出撃させていく。
そしてキタネイダス、ケガレシアを捨て駒状態にするという冷酷さを見せながら、
ゴーオンジャーたちを圧倒していく。。。。
そんななか、、ボンパーの分析で
ガイアークの本拠地であるヘルガイユ宮殿に向かう!!




結局、
ゴーオンジャーに関しては、圧倒されているだけで、
『復活』というモノがあるために、倒れない。。。

ってだけですね。

ま、、、

いまさら、正義の味方の雰囲気を出されても、
なんか、ふしぎな感じなんですが(苦笑)

それ以上に、

ハッキリと発言したキタネイダス、ケガレシアのコンビ


キタネイダス『ガイアークに独裁者はいらないゾヨ
ケガレシア『わらわたちが目指したのは
   蛮機族全員が気持ちよく暮らす理想のゴミ世界
   仲間を踏みにじるお前にそんな世界は
ケガレシア『作れないでおじゃる!
キタネイダス『作れないゾヨ!

仲間のヨゴシュタインのもとへ。。。。
というのも含めて、

この『ゴーオンジャー』の中で、一番良かったんじゃないのかな(笑)

ほんと、カッコイイ感じの2人でした。
まぁ、キャラが言葉づかい程度で、正義の味方という名前だけで、
人気のある主人公グループとは違って、

退場しちゃったけど、
行動で魅せてくれた、キタネイダス、ケガレシア、、、そして、ヨゴシュタイン
3大臣の方が上ですよね。


どちらにしても、
大人数となってしまったことが、
本当の意味での『正義の味方』としてのキャラを魅せる
と言う事が出来なくなってしまった

その事を証明してしまった印象だ。

そろそろ、この方法論は、やめて欲しいものだ。
結局、人数の少ない方が目立っちゃうってのはねぇ。。。。

今回のお話だって、
3人組になったからこそ、キャラが立ったしね。。。
ほんと、まるで、主人公のようで(苦笑)


これまでの感想
第48話 第47話 第46話 
第45話 第44話 第43話 第42話 第41話 
第40話 第39話 第38話 第37話 第36話 
第35話 第34話 第33話 第32話 第31話 
第30話 第29話 第28話 第27話 第26話 
第25話 第24話 第23話 第22話 第21話
第20話 第19話 第18話 第17話 第16話 
第15話 第14話 第13話 第12話 第11話 
第10話 第9話 第8話 第7話 第6話 
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話 

« 銭ゲバ 第3話 罠 | トップページ | 仮面ライダーディケイド 第2話 クウガの世界 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30