« 炎神戦隊ゴーオンジャー 第47話 内閣カイゾウ | トップページ | 機動戦士ガンダム00セカンドシーズン 第15話 反抗の凱歌 »

2009年1月18日 (日)

仮面ライダーキバ 第48話(最終回)フィナーレ

『フィナーレ・キバを継ぐ者』

内容
キングになることを宣言した渡。
闇のキバを手に入れた太牙。
お互いに“キング”として、戦いを始めるのだった。
が、そこに、ファンガイア軍団を連れたビショップが現れる。
戦いを停止したふたりのキングは、ファイガイアを撃破。
一方、特訓を積んだ名護イクサと恵は、連携してビショップの撃破に成功する。

しかし、ビショップの命は、バットファイガイアへと。。。




うん。まぁ、、
なんて言ったら良いんでしょうね。

『やっと終わった』

でしょうか。


結局連携するしか倒す方法はなく
連携し、先に進むしか、物語の解決方法はないため、

こんな結末にしかならない。。。ということだ。


まあ。
思っていた以上に、音也、ゆり、正男(苦笑)も含めて、

キッチリと『現在』で、決着をつけているし
コレからのファンガイアも表現されているので、

上手くまとまっていた感じだ。


細かいことは言ったって、はじまらない

もっと、ひどいものを想像していただけに、、、
まとまったので、良しとしましょう。


私の中で、不満点があるとすれば、
バットファイガイアを倒したのが、、ザンバットソードではなかったこと。かな。

だって、、最強だったんじゃ??
そこだけに引っ掛かりはあるが、『ライダーキック』なので、

ま、、、良いかな。。。って感じだ




しっかし、相も変わらず迷走した『仮面ライダー』
そんな印象しかありません。

結局のところ、スポンサーの意向も絡めば
『誰』が、物語を書いても
『同じ展開』『同じ結果』にしかならないと思います。

正直なところ、『誰が悪いか?』と聞かれれば、

“強すぎるスポンサーの意向”


としか、言いようがない状態だ。
これだけ『足かせ』を掛けられれば、自由度は奪われるし
物語にしても、マンネリな展開しか生まれてこない

そのことは、『スポンサー』以外は、分かっているはず!!

キャラを多数投入すれば、良いってもんじゃない。
一部のファンを盛り上げれば、良いってもんでもない。

『物語に魅力』を感じなければ、それは『本当の面白さ』ではない!
『物語』を面白いと思わなければ、スポンサー商品だって売れない。

分かっているはずだ。
魅力がないから、人は見ない。
人が見ないから、商品が売れない。
商品が売れないから、少ない視聴者に売るために商品を増やす。
商品を増やしすぎれば、魅力が無くなる。
悪循環である。

魅力があれば、、人は見るはず。

ライダーに人数を増やそうが、今までのライダーを出そうが
そんな小手先のことよりも、

魅力のある物語を期待したいです



これまでの感想
第47話 第46話 
第45話 第44話 第43話 第42話 第41話 
第40話 第39話 第38話 第37話 第36話 
第35話 第34話 第33話 第32話 第31話 
第30話 第29話 第28話 第27話 第26話 
第25話 第24話 第23話 第22話 第21話 
第20話 第19話 第18話 第17話 第16話+ 第16話 
第15話 第14話 第13話 第12話 第11話 
第10話 第9話 第8話 第7話 第6話 
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話 

« 炎神戦隊ゴーオンジャー 第47話 内閣カイゾウ | トップページ | 機動戦士ガンダム00セカンドシーズン 第15話 反抗の凱歌 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30