« イノセント・ラヴ 第9話 愛をつかむ者 | トップページ | チーム・バチスタの栄光 第10話 1つの真実 »

2008年12月16日 (火)

セレブと貧乏太郎 第10話 貧乏アリス

『さよなら太郎前編』

内容
後藤田(柏原崇)が、美田園ホールディングスを自分のモノにしたため
全てを失ってしまったアリス(上戸彩)。
10日後、、、商店街は誰も居なくなり、みんなバラバラに。
そんななか公文(宅間孝行)が、太郎(上地雄輔)の元を訪れる。
そこには、太郎とアリス、2人の笑顔の写真。
子供達にも応援され、後藤田に仕返しをしようと太郎は立ち上がるのだが、
商店街の人たちは、誰ひとり協力しようとしない。
そのころ、アリスと真紀子(若村麻由美)は、
ふたりで『アー&マッキー』として、、キャバレーで歌を歌っていた。
郡司(風間杜夫)緑(三浦理恵子)の協力を得ながら、
貧乏アリスとなってしまった、アリス。。。。。

そして、太郎が、ふとアリスの居たホテルに行くと。
部屋にいたのは後藤田。。。そして、秘書をしている幸子(国仲涼子)
ショックを受けた太郎は、
何とかアリスを奮い立たせようとするのだが。。。。
思い出したくないというばかり。

数日後。太郎が強引に後藤田の部屋に連れてこられると、
まさにアリスと真紀子が、後藤田のために歌を歌わされようとしていた。。。



敬称略





とりあえず、最終回で全て解決するためのネタフリのお話。

ってことですね。

特に、それ以上ではないのが、なんて言ったら良いのか
よく分からない状態ですが。

アー&マッキーの『恋のフーガ』を見ることが出来ただけで、
満足と言う事にしておきましょうか(笑)

だって、何回もやっていたため、
その印象しか残っていません!



あとは、最終回
どうせ死なないのだろうが、いや、、未来の可能性もあるか。

ま、なんでもいいや。

きっと、スッキリした結末になるのでしょう。


しっかし、小ネタというか、歌と繰り返しの太郎の説得だけで、
ホント、内容が無い状態だなぁ。
幸子だって。。。スパイかも知れないし。。。。

もしそうなら
ワザといくつかのスパイ活動のようなものを見せておいた方が、
もう少し、『もしかしたら』という感じで
盛り上げることが出来たでしょうけどね。


アリスが、最終的に勝者となる可能性が高いにしても、
ココまで、あれこれと隠されてしまうと、
見ていてスッキリ感はないし、
メリハリがないからダラダラしている印象しかありません。

いっそ、アリス、真紀子のふたりで
歌以外のアルバイトで、オモシロネタにした方が良かったと思いますけどね。

太郎が働いている姿を出すよりもね!


とりあえず、最終回だな。..




これまでの感想

第9話 第8話 第7話 第6話 
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話

« イノセント・ラヴ 第9話 愛をつかむ者 | トップページ | チーム・バチスタの栄光 第10話 1つの真実 »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30