« 炎神戦隊ゴーオンジャー 第40話 青年のこころ | トップページ | 機動戦士ガンダム00セカンドシーズン 第8話 歪みの源 »

2008年11月23日 (日)

仮面ライダーキバ 第41話 解き放たれた心

『ララバイ 心を解き放て』

内容
渡を復活させようと、名護は奔走するが無駄だった。
イクサとなった名護はキングに追い込まれてしまうが、
襟立により救われる。
そして、、、名護、襟立
それぞれの気持ちを持って、渡の心を取り戻させようとするが。。。

また、太牙も、ファンガイアとして誘うのだが。。。。




現在編は、、
みんなが渡の心を取り戻そうとするが、

結局、
真夜『もう一度自分を信じなさい。

という、思い出話で復活って。。。どーよ

もう、意味分からん!

いつもどおり率直に書くけど。
なら、ふたりの人間の奔走や、太牙、深央の行動。。。


まったく意味ないやん!!

きっと、
彼らの『正義の心』『悪の心』に触れて、
なにかが見え始めたと言うことなんだろうけど


でもね、
あいもかわらずの『スパイラル』なのだから

子供向けであることを意識すれば、
普通に、名護たちの声で復活するだけで良いのに。。。。。。。



さて、過去編は
音也&クイーン真夜に嫉妬するキングである。

ま、、これはね。
いつもながらの
グダグダであったのだが。

音也の愛の告白と次狼たちとの関係を描きながら、
キングに向かっていく音也!!

と言う感じで。
多少の、
小ネタは無視するとして。
悪くはない感じだったと思います。

それぞれの気持ちも分かるし、
それ以上に、音也に対する気持ちと音也の行動がシンプルである。

ほんとは、シンプルこそが、子供向けならベスト


あとは、雰囲気に対する好みだけである。。。


とはいえ、見せ場は、ラストを除けば
希少種族の最後の一匹として、
封印されていく、バッシャー、ドッガ、ガルル

これだけなんだけどね。。。。



実際のところ。
決意を持って、敵に挑んでいく、紅親子であるのだが
結局のところ、
心の気持ちの変化のきっかけなんですよね。

あと少し、、ほんのちょっとしたことだけで
同じような印象になるのに。
もったいないことをしています。


ただし
全般的には、『今まで』と比べれば悪くない感じだ


ちなみに。
わたし的に、一番良かったのは。

太牙が出した謎の機械軍団?を
飛翔態というモノで倒すのではなく、ザンバットソードで撃破したこと。

こう言う魅せ方で、合成などを使うべきですよね。。。。。。



最後に
まさかと思うんだが。。音也。。。封印されてるの??
ヤッパリ、死亡?


これまでの感想
第40話 第39話 第38話 第37話 第36話 
第35話 第34話 第33話 第32話 第31話 
第30話 第29話 第28話 第27話 第26話 
第25話 第24話 第23話 第22話 第21話 
第20話 第19話 第18話 第17話 第16話+ 第16話 
第15話 第14話 第13話 第12話 第11話 
第10話 第9話 第8話 第7話 第6話 
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話 

« 炎神戦隊ゴーオンジャー 第40話 青年のこころ | トップページ | 機動戦士ガンダム00セカンドシーズン 第8話 歪みの源 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30