« ロス:タイム:ライフ 特別版・前編 尾元の正体 | トップページ | 仮面ライダーキバ 第12話 イクサの力 »

2008年4月13日 (日)

炎神戦隊ゴーオンジャー 第9話 消えた早輝と範人

内容
早輝と範人が2人で買い物に出かけていると
街の人たちの悲鳴が聞こえ、駆けつけるた2人。
そこではレンズバンキが写真を撮り、人々を消し去っていた。
そして、早輝と範人も。。。消えた。
それは
人々を別のブレーンワールドであるジャンクワールドに送り込み
ウガッツを補完しようという、キタネイダスの計画だった。

ジャンクワールドの早輝は、範人に励まされ
人々を助け出そうと動き出す!

一方、残された赤青黒も。。。。






なるほどね
今さらながら、マシンワールドという設定を補完するのも含めて、

世界は、11のメンブレンという幕の上にあるという、、、
そのうちのひとつが、ヒューマンワールドであり、
マシンワールドであると。

なかなか思いもよらない設定を、
いきなり登場させたのには、本当に驚いたが、

これからの展開上、
もしかしたら利用できることなのかもしれませんね。

たとえば、別のブレーンワールドから
『なにか』を送り込むことも可能なわけだ。


とまぁ、それはさておき

そんなお話の中に
範人『あきらめなければナントカなる』

と、早輝をはげまし勇気づける話。

単純なお話ではあるが、
まだ迷っていると考えれば、
これはこれでおもしろい話であるのかもしれない。

『いきなりゴーオンジャーになってしまった』

と言うのが分かることでもあるしね(^_^)b

早輝『変身できないよ
範人『それでもさ
   僕たちゴーオンジャーじゃん



そして、そんなお話でサラッと入れた
5人の武器をひとつにした

スーパーハイウエイバスター!!

ついでに、次回へのためのレンズバンキの写真

など、
様々なネタフリもされている。

もちろん、写真の機能をひらめき、
それを利用しようと発案したであろう、青の影ながらの活躍。。。

なかなかテンポもあり、おもしろかったし
これからのことも期待できる見どころもあったと思います


で、、、次回は、6マシン合体ですね。

これまでの感想
第8話 第7話 第6話 
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話 

« ロス:タイム:ライフ 特別版・前編 尾元の正体 | トップページ | 仮面ライダーキバ 第12話 イクサの力 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/134180/20195970

この記事へのトラックバック一覧です: 炎神戦隊ゴーオンジャー 第9話 消えた早輝と範人:

« ロス:タイム:ライフ 特別版・前編 尾元の正体 | トップページ | 仮面ライダーキバ 第12話 イクサの力 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30