« 炎神戦隊ゴーオンジャー 第3話 仲間 | トップページ | Yes!プリキュア5GoGo! 第5話 がんばる生徒会長! »

2008年3月 2日 (日)

仮面ライダーキバ 第6話 奏でる音楽

内容
(現在)
恵がファンガイアによる連れ去られた。
目覚めると、そこには母・ゆりの写真が一面に、、、、
(過去)
ゆりが目覚めると、
そこには、先日のファンガイアがいた!
一目惚れされてしまったゆり。。



まぁ、相も変わらず
現在と過去に行ったり来たりで、分かり難いわけですが。

いまだに
慣れることが出来ない私です。

ただ1つわかったのは、
今までは、ファンガイアが繋がっている表現ばかりで、
人と人の繋がりを感じるのは、
木戸、嶋以外では、設定上の表面的なモノだったが。

今回、『セリフ』を繋げたことか。


音也『人間はみんな、それぞれ音楽を奏でている、
   知らず知らずのうちに心の中でな
   オレはな、お前の中から聞こえてくる音楽が、好きなんだよ


その言葉は、ゆりに伝わり
母・ゆりから娘・恵へと。。。。
恵の言葉は、渡へと。

で、、解決だ。

性格はまったく違う父子であるが、
『想い』いや『生き方』のようなモノは、
伝わった印象だ。

この点は、
父の行動に悩み続けてきた渡にとっては、
無意識のうちに『父を知った』というオチになり、

なかなか、良い感じの流れだったと思います。

それを、恵探しに利用したしね(^_^)b


それにしても。。。。
いきなり、
キバット『こういう時には、あいつだぜ
     バッシャーマグナム!

で、、、バッシャーフォーム!!!!!!

本当に、何の説明もなく新フォームですね。
そのうえ
ガルルよりも利点があることが、
まったく分かりません!!!!

しいていえば、
チェス対決をしていた、
ガルル次狼とバッシャーラモン

そこから考えれば、バッシャーの方が
賢いってコトだろうか???

だから、、難しいことも対応できるってコトかな。。

強引さは許すことが出来ても
子供が見ることを考えれば
過去と現在に行ったり来たりも含めて
もう少し、分かり易く表現して欲しいところだ

これまでの感想
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話 

« 炎神戦隊ゴーオンジャー 第3話 仲間 | トップページ | Yes!プリキュア5GoGo! 第5話 がんばる生徒会長! »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/134180/10870354

この記事へのトラックバック一覧です: 仮面ライダーキバ 第6話 奏でる音楽:

« 炎神戦隊ゴーオンジャー 第3話 仲間 | トップページ | Yes!プリキュア5GoGo! 第5話 がんばる生徒会長! »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30