« ドリーム☆アゲイン 第2話 巡ってきたチャンス | トップページ | 仮面ライダー電王 第38話 決別 »

2007年10月21日 (日)

獣拳戦隊ゲキレンジャー 第34話 ブルーサの力

内容
過去からもどった理央たちが見たもの
それは獣源郷トライアングルの木が、焼けている姿であった。
驚く理央だったが、眠れる能力を解放するという
サイダインの元へ急ぐ。
ケンもまた、何かがある様子で。。。。。
残されたゲキレンジャーも動こうとするが、
そこに現れたカタが足蹴にしたもの。
それは、マクに敗れ去った7拳聖を封印した大きな玉・慟哭岩だった。。
封印を解くために、ジャンたちはカタと。
ケンは、ラゲクと戦いはじめる。










カタ『世界を混乱に陥れているのは、身の程を知らぬお前たちとしれ

カタの臨技・幻死牢により、同士討ちをはじめる、ゲキレンジャー

で、、サイダイン登場。

カタを倒した?

あれ!!??

思ったんだけど。イヤ、感じたんだけど(^_^;
『考えるな、感じろ』
って、、、、

そこまでは『極意』のようなもので良かったんだが

獣拳神サイダイン登場で、獣拳巨人サイダイオーって。。。

これって、
ゲキレンジャーたちの力が、どこにも入ってない!!
って、、、、
よく考えてみれば、カタを倒したのは、その師匠、サイダインだし(^_^;

激臨の大乱。
って考えれば、確かに、古の力を利用するのは良い。
でも、
『獣力開花』と、変化があったゲキレンジャーたちが、
全く活躍していないって、どういうこと???


理央『激気魂
   激獣拳にも、臨獣拳にも等しく降り注ぐ
   それが、マスター・ブルーサの考えなのか

って、理央も強力になったらしいが(^_^;
理央にも活躍の場がないし。

よくよく考えてみれば、
ゲキレンジャーいわゆるカクシターズどころか、
理央も活躍していないという、

『究極のお話』になっていますね。

何か手順が間違っていると思うんだけど(^_^)b

せめて、ゲキレンジャーたちの『思い』とかなんかで
サイダインが復活すべきだったんじゃ?

勝手に復活したんじゃ。。。。
存在の意味が無く、師匠による弟子の戒めだしね(^_^;


次回『何か』がありそうなので、少し期待しますが。


これまでの感想

第33話 第32話 第31話 
第30話 第29話 第28話 第27話 第26話 
第25話 第24話 第23話 第22話 第21話 
第20話 第19話 第18話 第17話 第16話
第15話 第14話 第13話 第12話 第11話
第10話 第9話 第8話 第7話 第6話
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話 

« ドリーム☆アゲイン 第2話 巡ってきたチャンス | トップページ | 仮面ライダー電王 第38話 決別 »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30