« DARKER THAN BLACK 黒の契約者 第25話(最終回) 共存の道 | トップページ | 仮面ライダー電王 第35話 新たなカード »

2007年9月30日 (日)

獣拳戦隊ゲキレンジャー 第31話 仲間

内容
ツネキと戦う、新一少年
助けに入ったジャン。
どうも様子がおかしい新一から、事情を聞くヒマもなく、
ツネキは、人間の恐怖と悲鳴により大爆発を発生させるワザ
臨技狐空大爆弾を発動させるのだった。
異空間・狐空に閉じこめられたジャン、ケン、新一。
だが新一は。。。
一方、マクは理央とメレがいないことに気付き、
大暴れしはじめる。
そこに現れたのは、ロン。。。




どうもゲキサイドの話は人選ミスじゃ???

仲間なんていないと、新一のシリアスモードに対して。
それに対応するのがジャンとケンの『とぼけたコンビ』じゃ、

いくら『仲間』って言われても、説得力が少ない(^_^;

たしかに、いきなり発揮された『連携ワザ』である『ゲキ注入』で
今回の状態を脱出するには、ケンは必要だろう

だったらココはジャンじゃなくて、
基本的に折り合いが悪い、ゴウかレツじゃ??
仲良しコンビが協力するよりも、
基本的にケンカするコンビが協力するほうが、
説得力が出てくるし。

そのうえ、
新一『須賀健太さん』の超演技力にも負けなかったと思うんだけどね

過激気を注入して、
サイブレードがスーパーサイブレードになり新ワザ投入でも、

須賀健太さんに、食われてしまっているカクシターズ(^_^;

ゲキサイドが珍しくシリアスモードだったのに。。。。。。。
なんと中途半端なことを。。

せめて、ムニムニという言葉じゃなくて、
『仲間』をもっと連呼していればなぁ。。。。
お話自体は、そんなに悪くないんだけどね



一方、理央とメレ
2人の登場は少なかったが、マクの怒りを見れば、
どれだけ真剣かが分かると言うもの(^_^)b


次回はついに、
7拳聖3拳魔勢揃いだしね。

獣拳神サイダインってことだし。。。
今回のゲキ注入のことを考えれば、

ケンが『力』を得る話があるのかもね。

まいいや。

やっと、話全体が動き出したようで、
次回からが、お話の本格化と言うことでしょう。

それにしても

須賀健太さんの演技力だけが目立ってしまった
今回のゲキレンジャーでしたね(^_^)b


これまでの感想

第30話 第29話 第28話 第27話 第26話 
第25話 第24話 第23話 第22話 第21話 
第20話 第19話 第18話 第17話 第16話
第15話 第14話 第13話 第12話 第11話
第10話 第9話 第8話 第7話 第6話
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話 


« DARKER THAN BLACK 黒の契約者 第25話(最終回) 共存の道 | トップページ | 仮面ライダー電王 第35話 新たなカード »

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30